栄養バランスがよい

グレインフリーは栄養バランスもよいです。あえて穀物を使用しないのは、健康を考えているからです。健康を考えているということは、健康を維持するために必要な栄養のバランスを考えているということです。

猫にはタンパク質が必要です。しかし、質が悪いキャットフードはタンパク質が足りていないことがあります。

キャットフードの原料を読んだことがありますか。原材料名は配合量が多い順に記載されているのですが、穀物の名前が始めに記載されていて、鶏肉やサーモンなどタンパク質を多く含む食品の名前が後ろの方に記載されているものもあります。これでは猫に必要なタンパク質が不足してしまいます。

グレインフリーのキャットフードは栄養バランスに気をつけているので、必要なタンパク質がしっかり配合されています。なんと原料の70%がタンパク質というキャットフードもあります。これなら必要な栄養素を摂ることができます。

参考-最高級キャットフード シンプリー|サーモン50%以上配合で健康的でおいしい

それだけでなく、腸内環境を考えて食物繊維が多いオオバコや腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖を加えていたり、老化の原因になる活性酸素対策のためにマリーゴールドやクランベリーといった抗酸化作用に優れたものを配合しているキャットフードもあります。栄養をしっかり摂れると健康維持に役立ちます。人間もそうなように、腸内環境が整うことでアレルギー症状が治まることがあります。そのぐらい腸内環境を整えることは猫にとっても大事なことなのです。

食いつきがよい

キャットフードを思うように食べてくれないと、栄養不足が心配になりませんか。食べてもらうために、いろいろなキャットフードを試して苦労している方もいると思います。グレインフリーのキャットフードは、食いつきがよいという特徴があります。

穀物を使用したキャットフードの中には、鶏の骨や毛など人間が食べられないようなものが混ざっていたり、添加物を大量に使用していることがあります。このようなものは、人間でも食べたくないですよね。

グレインフリーのキャットフードがコストが低い穀物を使用しないということは、コストよりも質を重視しているということです。グレインフリーのキャットフードは質を重視しているので、鶏の骨や毛など人間が食べられないようなものは混入しておらず、無添加のものもあります。原料には平飼い鶏やサーモンなど人間が食べられるようなものを使用しています。人間が口にできるようなものならおいしいはずです。そのため、食いつきがよいのです。

しかし、いくら質がよいといっても開封後時間が経てば質が落ちてきます。そのため、少量サイズで販売していることが多いです。少量なら短期間で食べきることができて、キャットフードの劣化を防ぐことができます。

グレインフリーのキャットフードとは

グレインフリーという言葉を聞いたことがありますか。最近は、グレインフリーのキャットフードが登場しています。では、グレインフリーのキャットフードとはどのようなものなのでしょうか。グレインとは穀物のことで、グレインフリーとは穀物を使用していないということです。

穀物は価格が安いため、米、小麦、トウモロコシなどの穀物がキャットフードに使用されていることが多くあります。穀物でかさましをして、コストを抑えようというキャットフードもあるのです。穀物が多い分、猫に必要なタンパク質が不足しています。

猫は肉食動物なので、穀物をうまく消化することができません。消化できないものは体の栄養にはならないし、アレルギーを起こすこともあります。

体を健康に保つには、必要な栄養を毎日補う必要があります。しかし、猫は穀物をうまく消化できないため栄養として役立たず、必要な栄養が不足すると体の機能が落ちてしまいます。その結果、寿命が縮まる、下痢や便秘を起こす、生活習慣病のような疾患などを起こすこともあります。

グレインフリーのキャットフードに変えてアレルギーが治まったというケースもあります。グレインフリーなら栄養をしっかり摂れるようになるので、代謝がよくなって与え過ぎなければ本来の体重に戻ります。こういったことから、猫にとって穀物が体にダメージを与えていたとも考えられます。グレインフリーのキャットフードは、米、小麦、トウモロコシなどの穀物を一切使用していません。その分、猫に必要なタンパク質がしっかり配合することができます。